粋な着こなし方

季節の着物

女性は、お祝いの時などに着物を着ていきたいものです。着物を着ていると、清潔感があり美しい印象を与えます。着物には様々な決まりごとがあります。その1つが季節感です。着物をあまり着ない人にとっては何のことだろうか。と思うかもしれませんが、着物をよく着る人にとっては大事な決まりごとの1つです。着物の季節には薄手か「厚手か」または「柄」によって区別します。まず、「厚手か薄手か」からです。10月から5月の間は袷の着物を着用します。表地に裏地を縫い合わせた仕立て方法です。6月と9月は単衣を着用します。袷の着物にする生地に裏地をつけずに仕立てをします。7月と8月は薄物を着用します。仕立て方法は単衣の着物と同じですが、盛夏用の生地を使っており風通しが良いです。次に「柄」による区別です。柄に関しては季節感のある柄を入れるという発想で間違いないです。例えば、2月の代表的な柄は椿や蘭、水仙など。3月の代表的な桃や蝶など。このように季節にあった代表的な柄を選ぶのが一般的ですが、抽象的な柄であれば季節を問わず着用することができます。このように着物には季節が存在します。初心者には難しいかもしれませんが、この着物の季節をマスターして着こなせるようになりましょう。

古着の着物デビューには銘仙を着よう

神楽坂や日本橋などでは、着物を着て古民家フレンチを楽しんだり着物の古着屋で買い物したりしている女性が多くいます。多数派ではないとしても、着物でお出かけすることに憧れている若い女性は意外と多いんですよ。普段着用の古着の着物であれば数千円程度で手に入るものもありますから、気軽に着物デビューしてみてはいかがですか。なにを選んだら良いかわからないという人には、まず銘仙という着物をお勧めします。銘仙は、大正時代以降に庶民の女性のおしゃれ着として普段から着られていたものです。比較的派手な模様や柄は、ハワイのアロハを模倣したものもあるとも言われています。銘仙の斬新さや遊び心は、時代が巡って現代の女性の感覚にマッチするところがあり、とても人気があります。また、本来は着物を着ると身のまわりの小物や持ち物まで変えなければいけないことが多いですが、この銘仙は洋風のバッグやストールなどを合わせてもとても素敵なのです。そういったコーディネートのしやすさも、銘仙をお勧めする理由のひとつです。古着の着物コレクターの間で銘仙の人気が高まり続ける一方で、作り手には後継者が少なく、店頭でも品薄になりつつあります。もし銘仙を見つけたら、今のうちに手に入れておくと良いです。ぜひ、銘仙を着て着物デビューしてくださいね。

イチオシ

粋な着こなし方

季節の着物 女性は、お祝いの時などに着物を着ていきたいものです。着物を着ていると、清潔感があり美しい印象を与えます。着…

もっと詳しく

日本人にとって大切な着物が演出する瞬間

着物の種類などについて 現代日本において着物は一般的ではなく、普段は洋服で生活している方がほとんどです。しかしどれだけ…

もっと詳しく

着物ならではのお洒落とマナー

着物について知ろう 結婚式や成人式などのめでたい席やお茶会などのきちんとした席で着ることの多い着物。そんな着物を正しく…

もっと詳しく

愛される着物と日本文化

京都の着物で茶道はいかが? 京都は伝統、文化が息づく町です。京都には茶道、華道等の家元が数多くあり、本格的な日本の伝統…

もっと詳しく

Copyright(C)2017 現代日本の最新着物事情を初心者向けに解説 All Rights Reserved.