愛される着物と日本文化

京都の着物で茶道はいかが?

京都は伝統、文化が息づく町です。京都には茶道、華道等の家元が数多くあり、本格的な日本の伝統文化を体験できます。初心者には、一見、解りづらい伝統文化ではありますが、そうした時に、まず、形から入るのが良い場合があります。例えば、茶道であれば、着物を着て、自身の形、姿勢から、その伝統的な道に入っていくのがお薦めです。着物を着ることで、その作法、動作の意味がわかる場合があるからです。また、着物を着ることで、茶室の空間の中で存在している人は、その空間に自然に溶け込め、場を高めることもできます。着物を着て、庭を散策し、花を活け、和歌を詠むのも風情があってよいものです。伝統文化とは、ある意味、基本的な生活の要素である衣食住を通して体験できるものでもあるからです。まず、衣食住の衣から入り、その真髄に導かれる。着物の選定から初め、着付け、作法、所作に至るまでを体験することがお薦めなのです。一期一会の茶会なら、尚更、その細部にも気を使うべきです。魂は細部に宿るという格言にもあるように、日常の生活に必要な衣食住から、その伝統文化の意味を体験するわけです。まず、衣を整え、配慮し、その道を体験するのがお薦めと言えます。京都はそうした空間でもあるのです。

着物の良さについて

近年の日本では服といえば洋服が一般的です。そのため着物を日常的に着ている方は少ないと思います。ですが、それでもどの時代においても着物は日本人に愛されてきました。それは着物が長い間培われてきた世界に誇れる日本文化の一つだからでもありますし、やはり日本人の心に着物というものが根付いているからです。そもそも着物というのは、日本人のために作られた衣服です。そのため着物は日本人の顔立ちや身体に似合うように作られていて、日本人が着物を着るとより魅力的に見えるのです。着物の面白いところは、その種類の豊富さや、その着こなしによって雰囲気がガラリと変わることです。着物の種類は非常にたくさんあります。留袖や振袖、訪問着や喪服、浴衣など有名なものだけでもたくさんあり、これ以外にも色々な種類の着物があり、それぞれに祝い事やパーティー、普段着などに分けられ着て行くべき場所なども決まっています。また、着物は色や柄が数えきれないほど豊富にあります。それらの組み合わせや着こなしによってその雰囲気はガラリと変わるのは着物の面白いところです。これまで着物を着る機会がなかった人も、日本人にとって大切な伝統文化の一つである着物を着てみるのも良いのではないかと思います。

イチオシ

粋な着こなし方

季節の着物 女性は、お祝いの時などに着物を着ていきたいものです。着物を着ていると、清潔感があり美しい印象を与えます。着…

もっと詳しく

日本人にとって大切な着物が演出する瞬間

着物の種類などについて 現代日本において着物は一般的ではなく、普段は洋服で生活している方がほとんどです。しかしどれだけ…

もっと詳しく

着物ならではのお洒落とマナー

着物について知ろう 結婚式や成人式などのめでたい席やお茶会などのきちんとした席で着ることの多い着物。そんな着物を正しく…

もっと詳しく

愛される着物と日本文化

京都の着物で茶道はいかが? 京都は伝統、文化が息づく町です。京都には茶道、華道等の家元が数多くあり、本格的な日本の伝統…

もっと詳しく

Copyright(C)2017 現代日本の最新着物事情を初心者向けに解説 All Rights Reserved.