着物ならではのお洒落とマナー

着物について知ろう

結婚式や成人式などのめでたい席やお茶会などのきちんとした席で着ることの多い着物。そんな着物を正しく着ることは大人のマナーと言っても過言ではありません。ですが、正しい着物を正しい場で着るには着物についてよく知っておく必要があります。まず、結婚式などのめでたい席で着るべきなのが留袖です。留袖は主に既婚女性が着る着物で、未婚の女性が着るのはマナー違反にあたりますので注意が必要です。留袖にはよく見かける黒のもの以外もあって、それを色留袖と言います。そちらは未婚の女性が着ても大丈夫なので、未婚の女性がめでたい席で着物を着る場合には色留袖にしておくのがおすすめです。また、お葬式などの席で着ていく着物も決まっています。それが喪服です。お葬式などの席で喪服以外の着物を着ていくのは失礼に当たるため、同じような黒い着物ではなくきちんとした喪服を着ていかなければなりません。そして留袖とは逆に未婚の女性だけが着ることを許されている着物が、振袖です。色鮮やかで華やかな振袖は、未婚の若い女性だけに許された特権と言えます。このように着物には様々な種類があってどんな人がどんな席に着ていくためのものか細かく決められているのです。

柄物と柄物をあわせるのが着物の面白さ

現代の日本人のほとんどは普段は洋服を着ています。洋服を選ぶ際、もし柄が入ったシャツを着るとしたら、無地のパンツをあわせるといったように『柄物』と『柄物』をあわせる人はあまり見かけません。オシャレに自信のある人でないと、洋服で柄物と柄物をあわせるのは難しいのではないでしょうか。しかし着物の面白いところは『柄物』と『柄物』をあわせてもオシャレに見えるところです。たとえば女性の着物ですと、花柄の着物に花柄の帯をあわせても違和感ありません。もしこれが洋服であれば、花柄のワンピースに花柄のベルトをあわせるといった感じになって、少しくどいファッションになるかもしれませんね。また最近では女性向けに、半襟も白だけではなく、可愛い柄が入っている場合もあります。他にも、購入した着物のセットの中にショールが入っていて、帯の上から薄いショールを巻いて更に華やかになれる着物もあります。このように柄物と柄物をあわせられるのが、着物の面白さであり、また着物選びの楽しみではないでしょうか。ただ着物は柄物が大半を占めるため、着物を買うときは目移りしてしまい、どうしても時間がかかる恐れがあります。もしこれから着物を着てみたいという方は、時間に余裕を持って、まずは着物選びから楽しんでみてはいかがでしょうか。

イチオシ

粋な着こなし方

季節の着物 女性は、お祝いの時などに着物を着ていきたいものです。着物を着ていると、清潔感があり美しい印象を与えます。着…

もっと詳しく

日本人にとって大切な着物が演出する瞬間

着物の種類などについて 現代日本において着物は一般的ではなく、普段は洋服で生活している方がほとんどです。しかしどれだけ…

もっと詳しく

着物ならではのお洒落とマナー

着物について知ろう 結婚式や成人式などのめでたい席やお茶会などのきちんとした席で着ることの多い着物。そんな着物を正しく…

もっと詳しく

愛される着物と日本文化

京都の着物で茶道はいかが? 京都は伝統、文化が息づく町です。京都には茶道、華道等の家元が数多くあり、本格的な日本の伝統…

もっと詳しく

Copyright(C)2017 現代日本の最新着物事情を初心者向けに解説 All Rights Reserved.